アフリカでの羽子板遊びと予防接種の基本事項を確認しておく

羽子板は、日本の良き伝統のひとつです。
お正月に羽根つきをするのは、江戸時代から続く習わしで、
女の赤ちゃんが生まれると無病息災のお守りとしてプレゼントされることも多いです。
羽子板は、とても美しいので、海外の人にも喜ばれます。
アメリカやヨーロッパなどでは、昔から日本の製品が販売されていますが、
最近はアフリカでも手に入れることができます。
羽根突きは、アフリカの子供たちにも人気があります。
アフリカに旅行する場合、避けて通れないのが旅行前の予防接種です。
予防接種は、渡航先の土地の感染症に免疫を付けるために行います。
予防接種は、旅行中に感染症から自分を守ることにもなるので、
基本事項を確認しておくことは非常に重要なのです。

Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です