ペット医療保険と予防接種をアフリカで浸透させていく必要性

ペット医療保険と予防接種をアフリカで浸透させていく必要性というのは、
アフリカは発展途上国の中でも特に下位に位置する国であるため
福祉や医療といった分野が人間や動物問わずに設備が整っていないことが難点です。
アフリカはペットとして犬や猫そして鳥だけでなく、
現地特有の生き物を家で飼うペットにすることがおおいです。
しかし人間と動物には体内に存在する最近に違いがあるため、
どんな動物であれ人間と共に住む場合には体内にいる細菌類が
人間以外が及ばないようにしなくては命のリスクとなります。
しかし発展途上国の中でも特に下位に位置し福祉や医療といった分野が
人間や動物問わずに設備が整っていないことで、
本来受けなければならない予防接種を受けていないまま飼うことが多いのです。
そのままにしておくと未知の細菌を持った動物が入り込んだときに、
その動物が原因で病気の大流行を起こすリスクがあります。
先進国がこぞってペット医療保険の設立と予防接種が受けられる環境を整える必要があります。

Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です